· 

KNS2122

エントリー総数7,439。好天に恵まれた熱戦を振り返る。-2021-22シーズン関西シクロクロス。

10月末、大阪府富田林市で開幕した関西シクロクロス。
10月末、大阪府富田林市で開幕した関西シクロクロス。

10月の終わりから2月初旬まで全11戦に及び関西各地を転戦した関西シクロクロス。老若男女合わせ、延べエントリー数は約7500人。大勢のシクロクロスファンが、年末年始の忙しない時期も関係なくシケインを駆け抜けた。前シーズンは奇しくも全戦開催にはならず、総合表彰無く終わったが、2021-22シーズンは全日程を終了。カテゴリー1、L1のシーズンを振り返る。

第2戦の会場は京都府北部、南丹市美山。パターゴルフ場を利用し、林間シングルトラックを組み合わせた野趣溢れるコース。
第2戦の会場は京都府北部、南丹市美山。パターゴルフ場を利用し、林間シングルトラックを組み合わせた野趣溢れるコース。

昨シーズンもオープン参加で上位陣を脅かしていた副島達海(Limited Team 846)と柚木伸元(朝明高校)。今シーズン、カテゴリー1の60分を走る事になった副島達海(Limited Team 846)が開幕の富田林から独走勝利を飾る。まだジュニアと思い込んでいただけに、序盤のリードからそのまま60分を見事に独走したのには驚いた。開幕戦富田林ではL1に赤松綾(Ayabikes)が登場。昨季まで主戦場を東海シクロクロスとしていた赤松綾(Ayabikes)は関西シクロクロスに基盤を移し、シーズンを迎えた。しかし、カテゴリー1同様L1でもオープン参加の中学生、西原夕華(トーヨーサイクリングチーム)と日吉愛華(Limited Team 846)がレースを作った。

ここから千秋楽の桂川戦まで、シーズンを通して若い層が関西シクロクロスのレースシーンを盛り上げていく事になる。


第2戦の向山ゆずの里 美山では他会場参戦の副島達海(Limited Team 846)が欠場。カテゴリー1はベテランの村田憲治(岩井商会レーシング)、U23堀川滉太(NEBcycling)にシクロクロスレース2シーズン目の岸央展(Baggy racing cyclocross)がデッドヒートを繰り広げた。短いホームストレートを最後は3人でスプリント。負けず嫌いな村田憲治(岩井商会レーシング)がベテランの意地を見せ優勝した。L1ではここ向山ゆずの里 美山でも西原夕華(トーヨーサイクリングチーム)が善戦。シリーズチャンピオンとなる伊藤あすみと互角に戦う姿が見られた。

美山カテゴリー1は3名でのスプリントで決着。
美山カテゴリー1は3名でのスプリントで決着。
重い泥コンディションとなった第3戦烏丸半島。
重い泥コンディションとなった第3戦烏丸半島。

野辺山ウィークを挟んでの第3戦資生堂 烏丸半島。前日に愛媛県八幡浜市で行われたマウンテンバイク全日本選手権ジュニアカテゴリーでタイトルを獲得した副島達海(Limited Team 846)が優勝。泥コンディションとなった難コースを攻略。堀川滉太(NEBcycling)が必死で追うものの、3戦連続の2位に終わった。L1カテゴリーには石田唯(早稲田大学)が参戦。序盤リードするものの、タイヤがコンディションに合わずに後退。赤松綾(Ayabikes)が2勝目を飾った。


通常の日曜~日曜のブランクを開けずに、火曜~日曜と中4日での開催を迎えた第4戦田中養蜂場 堺浜。かつて、全日本選手権も行われた高速コースではロードレースさながらの集団による上位争いが繰り広げられた。

集団での先頭争いも見ごたえがあるシーズンとなった。
集団での先頭争いも見ごたえがあるシーズンとなった。

コータvsコータ。観客からは絶えず「コータ!」の声援が飛ぶ。横山航太(シマノレーシング)と堀川滉太(NEBcycling)。二人の「コータ」がトップを争う展開。勝負師の横山航太(シマノレーシング)は、シマノの地元、堺市で行われた2戦をいずれも優勝で終えた。

堺浜、みなと堺は堺を地元とするシマノレーシング横山航太が優勝。
堺浜、みなと堺は堺を地元とするシマノレーシング横山航太が優勝。
全日本選手権前週のマキノは副島達海(Limited Team 846)が村上功太郎(松山大学/TOYO FRAME)を抑えて優勝。
全日本選手権前週のマキノは副島達海(Limited Team 846)が村上功太郎(松山大学/TOYO FRAME)を抑えて優勝。

ここ数年は野辺山と前後して行われ、多くの観客も訪れたマキノ大会。今季は全日本選手権の前週開催という事で、静かな大会ではあったが久しぶりに愛媛県から村上功太郎(松山大学/TOYO FRAME)が参戦。U23初年度の副島達海(Limited Team 846)とU23最終年となる村上功太郎(松山大学/TOYO FRAME)の一騎打ちに。まだシーズンインして間もない村上功太郎(松山大学/TOYO FRAME)が苦戦する中、勢いに乗る副島達海(Limited Team 846)が優勝し、翌週の全日本選手権を迎えた。



関西シクロクロスは出展も充実。

全11戦。延べエントリー数で約7500人を誇る関西シクロクロスシリーズは協賛企業にとっても楽しめるイベントだ。

選手からのフィードバックも得られるブース出展。あたり前田のクラッカーは観戦のお供に喜ばれている。
選手からのフィードバックも得られるブース出展。あたり前田のクラッカーは観戦のお供に喜ばれている。

自身もカテゴリー2に出走し、参戦も楽しむ前田製菓の前田さん。プロテインクッキーのWay to Go の発売を機に、関西シクロクロスへの協賛を始め観戦、参戦のお供に今では欠かせない存在となった。「出展をするようになり、メーカーの立場としては聞くことができなかった、消費者の声をダイレクトで聞く事ができ、製品へのフィードバックに活かしている。」と語る前田さん。「もうちょっと固い方がいい」などの生の声を聞く場として有効に活用している。観戦には定番のあたり前田のクラッカーと、寒い時にはチョコレートサンド、ストロベリーサンドが食べ応えもあっておすすめという事だ。

表彰台を沸かせた田中養蜂場の蜂蜜。
表彰台を沸かせた田中養蜂場の蜂蜜。

堺浜、桂川で冠スポンサーとなった田中養蜂場。賞品として選手に渡された大瓶の蜂蜜は会場を沸かせた賞品の一つだ。参加賞でも蜂蜜が配られ、これまでにない消費者へのPRに役立ったのではないだろうか?

甘味の他、スポーツに欠かせなくなったサプリメントや、紫外線対策用品の協賛も選手に喜ばれた。マキノとマイアミの冠スポンサーであるカルノパワーはサプリメントを。烏丸では資生堂が冠スポンサーとして、大会に協賛した。

会場ではカルノパワーのお試しサプリメントも配られた。
会場ではカルノパワーのお試しサプリメントも配られた。


2022年。後半戦に入り、徐々に昨シーズン同様の大会中止の不穏な空気が漂い始めたものの、希望が丘で今年も新春クロスが行われ、地元出身の沢田時(TEAM BRIDGESTONE Cycling)が優勝。序盤はジュニア全日本チャンピオンの柚木伸元(朝明高校)とバトルを繰り広げた。柚木伸元(朝明高校)の最終周、最終コーナーでのスリップダウンもあり最後は沢田時(TEAM BRIDGESTONE Cycling)に軍配が上がったが、MTBチームのプロライドで先輩後輩にあたる二人によるバトルは見ている者を大いに楽しませてくれた。

ベスラ希望が丘で沢田時(TEAM BRIDGESTONE Cycling)と争う柚木伸元(朝明高校)
ベスラ希望が丘で沢田時(TEAM BRIDGESTONE Cycling)と争う柚木伸元(朝明高校)

続くあたり前田のクラッカーみなと堺戦でも柚木伸元(朝明高校)は元U23全日本チャンピオンの横山航太(シマノレーシング)を相手に互角の戦いを仕掛ける。決して遅くは無い横山航太(シマノレーシング)のシケイン越えを見事にバニーホップで交わす柚木伸元(朝明高校)の見事な走りを見ることができた。

あたり前田のクラッカーみなと堺で横山航太(シマノレーシング)と争う柚木伸元(朝明高校)。
あたり前田のクラッカーみなと堺で横山航太(シマノレーシング)と争う柚木伸元(朝明高校)。
シーズンを通して上位で展開した西原夕華(トーヨーサイクリングチーム)。
シーズンを通して上位で展開した西原夕華(トーヨーサイクリングチーム)。

カテゴリーL1でもオープン世代の素晴らしい走りが見られた。みなと堺と言えばパワーコース。そのパワーコースでU17全日本チャンピオンの西原夕華(トーヨーサイクリングチーム)が独走で競技時間を終えた。全戦30分の短い競技時間ではあるが、実質のシリーズチャンピオンと言っても良いほどの大活躍だ。


2022年に入り、ベスラ希望が丘とあたり前田のクラッカーみなと堺戦で全く良い所が無かった副島達海(Limited Team 846)だが、第10戦カルノパワー杯マイアミでは序盤、川村誠(チーム36隊)の復調に焦るも、中盤から落ち着いた走りで久しぶりの優勝。雲行きが怪しくなっていたシリーズタイトルに向けて良い結果を残した。


カルノパワー杯マイアミL1には烏丸以来の石田唯(早稲田大学)が参戦。西原夕華(トーヨーサイクリングチーム)、日吉愛華(Limited Team 846)のオープン参加の二人との接戦が見られた。今シーズン、残念ながら全日本選手権への参戦は無かったものの、JCX戦の幕張大会で優勝というシーズンを過ごした石田唯(早稲田大学)。食らいつくU17全日本チャンピオンの走りに称賛を送った。


副島達海(Limited Team 846)が初タイトル。

U23初年度でシーズンタイトルを獲得した副島達海(Limited Team 846)。
U23初年度でシーズンタイトルを獲得した副島達海(Limited Team 846)。

10月からのシーズンも10戦を終了し京都桂川で千秋楽を迎えた。序盤は副島達海(Limited Team 846)が独走。時々参戦の横山航太(シマノレーシング)がしっかりとした仕事をこなし、コンスタントに表彰台を獲得した堀川滉太(NEBcycling)がランキングでも2番手につける。序盤の不調から立て直した川村誠(チーム36隊)、美山で1勝を挙げた村田憲治(岩井商会レーシング)らが脇を固めた。最終戦、田中養蜂場桂川戦では竹内遼(FUKAYA RACING)にスプリントで先着されたものの、初のシリーズタイトルを収めた副島達海(Limited Team 846)。順調かに見えたシーズンも全日本選手権でのスリップダウン、年明けの不調と決してシーズンを通して満足の行くものではなかった。この春から大学進学を控え、これまでのオフロード主体の競技人生にトラック&ロードがプラスされる。心機一転のサマーシーズンを過ごし、来季どのような走りを見せてくれるか?サマーシーズンも含め、今から楽しみである。


上位陣でも異色だった、岸央展(Baggy racing cyclocross)。

昨シーズンから本格参戦し2シーズン目の今季、ランキング5位で終えた岸央展(Baggy racing cyclocross)。関西シクロクロスシリーズ外ではあるが、11月に行われた加古川シクロクロスではカテゴリー1で優勝、フロントローの常連としてシーズンを通して上位で走る姿を見ることができた。特に印象的だったのは、第2戦の美山戦。急な登り下りの区間では「怖い、怖い」を連呼しながら走り、最後はスプリントで村田憲治(岩井商会レーシング)、堀川滉太(NEBcycling)と争うという見事な走りっぷり。2シーズン目とは思えない存在感を見せた。

2シーズン目で上位陣を常に脅かす存在となった岸央展(Baggy racing cyclocross)。
2シーズン目で上位陣を常に脅かす存在となった岸央展(Baggy racing cyclocross)。

サングラスをかけるとマリアンヌフォスな伊藤あすみ。

第2戦柚子の里美山で初優勝。美山に似た特徴の信太山で2勝目を挙げた伊藤あすみが女子L1のタイトルを獲得した。シーズン後半は石田唯(早稲田大学)、西原夕華(トーヨーサイクリングチーム)に遅れをとるレースが続いたが、目立ったトラブルも無い安定感のある走りで初めてのタイトルとなった。下りのテクニックと度胸に、来季はパワーがプラスされるのを期待したい。

拮抗した鵜飼知春(and more)、赤松綾(Ayabikes)との闘いをタイトル獲得で締めくくった伊藤あすみ。
拮抗した鵜飼知春(and more)、赤松綾(Ayabikes)との闘いをタイトル獲得で締めくくった伊藤あすみ。

世代交代が進む関西シクロクロスシリーズ。

2021-22シーズン、バイキン賞を授与するとしたら、柚木伸元(朝明高校)と西原夕華(トーヨーサイクリングチーム)になるだろう。

シリーズ外の五條吉野川シクロクロスカテゴリー1、60分レースを走り独走で優勝。その後の本戦シリーズでも常に後方スタートからのバニーホップと文字通りのジャンプアップで上位を走った柚木伸元(朝明高校)。昨シーズンは果たせなかった全日本選手権ジュニアタイトルを獲得した後は沢田時(TEAM BRIDGESTONE Cycling)、横山航太(シマノレーシング)と争うなどの成長をアピール。高校3年生となる2022シーズンはU23での活躍が楽しみだ。

来季国内タイトルを狙う西原夕華(トーヨーサイクリングチーム)と石田唯(早稲田大学)。
来季国内タイトルを狙う西原夕華(トーヨーサイクリングチーム)と石田唯(早稲田大学)。
全日本ジュニアタイトルを獲得した柚木伸元(朝明高校)。
全日本ジュニアタイトルを獲得した柚木伸元(朝明高校)。

西原夕華(トーヨーサイクリングチーム)と日吉愛華(Limited Team 846)の二人が関西シクロクロスの2021-22シーズン、カテゴリーL1を引っ張ったというのは間違い無いだろう。全日本選手権のU17でも争った二人は関西シクロクロスシリーズでも両者が揃った試合では毎回争いを見せ、L1の本選手を置き去りにする走りを見せることもあった。西原夕華(トーヨーサイクリングチーム)は独走をする試合もあり、最終戦では石田唯(早稲田大学)に先行された形でのゴールとなったが、日本国内でもトップ選手の1人である石田唯(早稲田大学)を相手に互角、もしくはそれ以上の走りで応戦した。

カテゴリーL1総合表彰。
カテゴリーL1総合表彰。

序盤から好調で、全日本選手権タイトルを狙った赤松綾(Ayabikes)は怪我により全日本選手権を含む後半戦を欠場。最終戦の田中養蜂場桂川ではコースマーシャルを行いレースに貢献。実力はあるだけに、来季は万全の体制で臨みたいところだ。


全11戦を開催した関西シクロクロス。

昨季はシリーズ全戦を開催する事ができずに終わった関西シクロクロス。2021-22シーズンも参加者の減少が予想されていたものの、2019-20シーズン並みにまでエントリー数は回復した。「序盤の数戦では毎回救急搬送される落車が相次いだため、スタッフ間での安全情報の共有を徹底するなどに気を配った事、安全あっての楽しいレースなので来季もその辺りは十分に気を配っていきたい。」とオルガナイザーである矢野淳(関西シクロクロス実行委員会)さんが語る。

関西シクロクロス実行委員会 矢野淳オルガナイザーによるシーズン終了挨拶。
関西シクロクロス実行委員会 矢野淳オルガナイザーによるシーズン終了挨拶。

「マスター世代の増加は例年通りだが、来季以降、ジュニアやアンダーなど若い世代に参加してもらえるようにしたい」と新しいシーズンに向けてのコメントをいただいた。

DJがらぱさんの「まったらいねーん」で締める。
DJがらぱさんの「まったらいねーん」で締める。

感染症対策のため残念ながら千秋楽お決まりの集合写真撮影は無かったが、最終戦年間総合表彰式の後はDJがらぱさんの掛け声で締めくくった。

ほぼ毎週行われる関西シクロクロスでのシメの言葉は「また来週」。そして千秋楽戦でのシメの言葉は「また来年」だ。

ロード、マウンテンバイク、トラックといった競技の他ツーリングや他のスポーツなどに向かう参加者それぞれのサマーシーズン。それぞれの夏を過ごし、また10月、関西シクロクロスで。

関西シクロクロスシリーズランキング:AJOCCランキングページ