· 

スクミズは真面目です

野辺山シクロクロスのシングルスピードカテゴリー。センセーショナルなスクール水着で脚光を浴びたスクミズこと、川村誠。2017-18シーズンの関西シクロクロス総合タイトルを獲得をはじめブロンプトン世界選手権にも出場するなど、スクミズというニックネームからは想像できない実力の持ち主だ。2021年10月、装いも新たにオレンジのチームジャージで走る川村”スクミズ”誠選手に、今季の抱負と機材について話を聞いた。


Panaracerのアンバサダーを務める事になったスクミズ。五條吉野川シクロクロスに持ち込んだタイヤは、ALBIT チューブレスコンバーチブル。泥に適したノブの形状と語るタイヤにそっとあててくれたのは、金属製のワイズチェッカー。なんとチームメイトが作ってくれたという逸品だ。今季はチーム36隊に所属するスクミズ。こういった小物の充実もシクロクロスライフには欠かせない。


リドレー、Xナイトの2台体制で臨む。



今季のシリーズを占う一戦となった五條吉野川シクロクロス。

序盤からジュニアオープン参加の柚木伸元と争うレースは柚木が先行してゴール。カテゴリー1の優勝はスクミズが勝ち取った。

このところ関西シクロクロスシリーズで上位を争う村田憲治(岩井商会レーシング)との差も想定していたよりは大きく、レース前に「オフは遊びながら練習していた」と真面目な表情で話していた通り、上々な仕上がりで明日からの関西シクロクロス本戦に入る事になりそうだ。

 

 

川村”スクミズ”誠

ブログ:すくみずログ

Youtube:すくみずログ

Twitter:@skmzmw